So-net光コラボレーションでDS-Lite

最近自宅のインターネット環境が遅くてストレスを感じていました。
夜の21時頃なんて1Mbpsも出ないレベルもざらでした。

So-net光コラボレーションを利用していますが、少し調べてみたら皆さん同じ雰囲気。そんな中So-netの契約の切れ目となったため、本気でプロバイダの変更を検討しました。

色々調べていく中で遅い原因、改善方法にたどり着き試したところ、驚くべき改善が見られました。

というわけで調べた内容や試した内容を備忘録兼ねて紹介します。

スポンサーリンク

改善前の状況

契約関連

2014年からNTTフレッツ光+So-netの組み合わせで契約していました。
2015年2月に光コラボレーションなるサービスが開始され、2016年に光コラボレーションへの切り替えを実施しました。

光コラボレーションとは、NTTが提供しているフレッツ光などのサービスを直接エンドユーザへ提供する形ではなく、プロバイダが中間に入り回線+インターネット+独自のサービスを抱き合わせてサービスの提供をするものです。
この詳細は本筋ではないので省きます。

改善前のネットワークスピード

複数のサイトで計測してみました。

【BNR スピードテスト】

ご利用中のネット回線の通信速度を測定可能。フレッツ光、ADSLなどの回線速度の統計情報、iPhone/iPad等のスマートフォンの測定ページもあり。

土曜日の21:00頃のデータです。
下り3.44Mbps/上り4.19Mbpsでした。
夜間はこのくらいの数値が平均、という印象でひどいときは1Mbpsを下回ることもあります。

【Speedtest by Ookla】

Test your Internet connection bandwidth to locations around the world with this interactive broadband speed test from Ookla

同じ時間帯の別サイトのデータです。
どういう訳かわかりませんが、こちらのサイトでは下り23.71Mbps/上り19.03Mbps出ています。
測定方式やサーバーの差ですかね?体感では絶対にこの数値は出ていません。
(この数値であれば特に文句なく使ってたかと・・)

遅い原因や回避方法など

以下のサイトがとても参考になります。

最近というほど最近でもないんだけど、近頃はとにかくフレッツ回線のスループットが出ない。 下手をすると、モバイルネットワークの方が速いので時間帯によってはテザリングをし始めるような始末だった。 今回は、そんなスループットの出ないフレッツ回線を何とか使い物になるようにするまでの流れを書いてみる。 先に断っておくと、今回はい...
IIJmioひかりの速度経過の原因をご説明します。また、それをバイパスするための新オプション(IPoE・DS-Lite)をご紹介します。
フレッツ光ネクストで利用できる新しいIPv4接続方式、DS-Liteを提供開始しました。「なぜ今更IPv4?」という背景をご紹介します。

ざっくりまとめると以下の感じかなと思います。

・PPPoEの通信方式で利用するNGNとISPの間にある「網終端装置」がボトルネックとなっている
・網終端装置の増設などはNTT管轄のためISP側ではどうにもできない
・IPv6ではPPPoEとIPoEの2つの通信方式があり、IPoEを利用すればボトルネックを回避できる。但し、IPv4にしか対応していないサイトなどに接続する際はIPv4のPPPoEで接続されるため、遅いままとなる
・IPv4のパケットをIPv6にカプセル化することでIPv4のサイトもPPPoEを利用せずに接続可能となる
⇒それを実現するのがDS-Liteという通信方式

細かい背景や技術的な部分は参考サイトを確認して下さい。要はDS-Liteを利用するとボトルネックを回避できて通信速度が上がります!ということです。

ちなみに以下のサイトで自分がIPv4/IPv6のどちらで接続しているかを確認できます。

So-net IPv6アドレス対応について

現時点ではIPv4で接続されていますね。
DS-Liteで接続されるよう構成してみます。

So-net光コラボレーションでDS-Lite

IPoE申し込み

以下のページよりIPoEを利用するための申し込みをする必要があります。

So-netのフレッツ系サービスをご利用のお客さまは「IPoE接続」をご利用いただくことで、通信速度が改善される可能性があります。

ページ中断にある「IPoE」に申し込むより各種必要事項を記入し申し込みます。

私が申し込んだ時は1時間ほどで下記メールが届きました。

そしてIPv6確認ページにアクセスしてみると・・

IPv6のネットワーク環境でアクセス出来るていることが確認できました。
ちなみにこの段階でネットワークスピードを計測してみましたが、特に変化はなく。。
ネットワークスピード計測サイトがIPv4PPPoEで接続されているからですかね?
とりあえずDS-Liteの通信方式となるよう構成します。

ルーターの準備

大前提としてDS-Liteに対応しているルーターを準備する必要があります。
以下サイトに対応機種が載っています。(全部ではありません)

私はバッファローのWXR-1750DHP2を購入しました。

バッファロー WXR-1750DHP2 (IEEE802.11a/b/g/n/ac対応 無線LAN親機 単体モデル)

価格:9,890円
(2017/12/27 21:38時点)

ルーターの設定(WXR-1750DHP2)

まずルーターの背面にあるスイッチをAutoにします。

管理画面にログオンしたら詳細設定をクリックします。


Internet – IPv6の順にクリックし「インターネット@スタートを行う」を選択し「パススルーを許可する」のチェックを外します。

次にPPPoEをクリックし、PPPoE接続を無効にします。(設定していない場合はこの手順は不要です)

ステータスのシステムを確認し、以下の状態になっていることを確認します。

・動作モード:ルーターモード(Auto スイッチ)
・Internet – IPアドレス取得方法:インターネット@スタートを行う – IPv4overIPv6トンネル方式
・IPv6接続方法:インターネット@スタートを行う
・IPv6接続状態:NDプロキシ

上記の状態となっていればDS-Liteの構成が正しく行われています。

改善後の状況

改善後のネットワークスピード

まずBNRスピードテスト。

下り147.22Mbps(約42.8倍)/上り50Mbpsくらい(約11.9倍)

続いてSpeedtest by Ookla。

下り149.94Mbps(約6.3倍)/上り72.10Mbps(約3.8倍)

なんとも快適なインターネット環境になりました。

注意事項

DS-Liteではポート開放がユーザレベルでは設定できません。
自宅でサーバーを公開している方やポート開放が必要なゲームをしている方などはDS-Liteを利用するには工夫が必要となります。

また全ての環境でDS-Liteが使えるといった保証もありませんし、So-netは公式にサポートしていません。
やるとしたら自己責任となりますのでご注意ください。

【So-net 光 コラボレーション】キャッシュバックキャンペーン実施中!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする